冷え性の症状と言うと手足が冷たくなると言う様な印象が有りますが、実はそれだけじゃなくて色んな症状が有るらしいのです。
冷え性には色んな対策グッズが有りますが、この症状によってそれに合った対策グッズを選ぶ様にした方が良いと思います。


【頭痛・肩凝り】
冷え性が悪化してくると血行が悪くなってきますので、肩凝りを引き起こす原因となってしまいます。
冷え性が原因での肩凝りはマッサージをしてもなかなか治らない為、次第に頭痛も誘発される様になります。

【腹痛・下痢】
身体が冷えると結果的にお腹も合わせて冷える事になります。
そうなると下痢や腹痛が誘発される様になるのです。

【風邪】
冷え性と言う事は体温調節を担っている自律神経が弱っていると言う事になります。
そうなると身体も弱りやすくなるので風邪も引きやすくなってしまうのです。

【不眠】
冷え性だと手先、足先がどうしても冷たくなってしまうので眠りにつきにくくなる事がある様です。

【生理不順】
冷え性により自律神経がおかしくなってしまいます。
そうなるとホルモンバランスが崩れてしまうので、生理不順になりやすくなってしまうのです。

【疲労】
冷え性により毛細血管が収縮してしまいます。
そうなると血管が酸素を運ぶ力が弱まってしまうために、貧血を起こしやすくなったり、ダルさが起こる様になったりと疲労しやすくなります。

この他にも集中力がなくなったり、肌荒れがする様になったり、胃腸が弱くなったりと色んな症状を引き起こす可能性がありますので、出来るだけ冷え性は改善する様に取り組んでいった方が良いと思います。