不妊症で悩んでいる方は多いと思います。
これだけ医療が進んでいる現代の中でも不妊については原因が謎だと言われています。
しかし東洋医学の中では不妊症の原因は冷え性から来ていると言われている様なのです。
冷え性になるとどうしても体調が悪くなってしまいます。
そうなると妊娠に必要な卵巣や子宮にも影響を及ぼしてくる様になると言う考えなのです。
色んな対策グッズが有りますが、妊娠、不妊はデリケートな問題でもありますので、むやみに対策グッズを使わずにお医者様に相談するのも1つの方法です。

では冷え性がどうして不妊の原因となるのでしょうか。
近年では生理不順も、子宮内膜症と言った症状も不妊の原因の1つではないかと考えられています。
そうした症状を持つ人に共通して多く見られるのが「冷え性」だそうです。
冷え性になるとどうしても血行不良に陥ってしまい、血液が体中を循環するのを妨げてしまいます。
卵巣に血液が充分に回っていかないと卵巣やホルモンの刺激について対応をする事が出来なくなってしまうのです。
そんな状態で妊娠出来たとしても、子宮が委縮傾向になってしまい流産を引き起こしてしまったり、早産を引き起こしてしまったりしてしまいやすいのです。

冷え性で悩んでいる方で、不妊症だと言う方は先ず冷え性の方から治して行った方が良いのではないかと考えられます。
冷え性と不妊症には関連性が有ると言われています。
不妊だけに限らず色んな体調不良を引き起こす原因ともなりますので、冷え性対策をしっかり行う様にしましょう。