様々な冷え性対策グッズを使って身体の外側から身体を温めて改善して行こうと言う方法が有ります。
そうして対策グッズを使って冷え性対策をしていく方法も有りますが、日常生活をする上で食生活を少し改善するだけで冷え性対策をする事も可能なのです。
ですから冷え性改善効果が有る食べ物を食べる様に心がけていきましょう。

では冷え性改善効果が有る食べ物とはどんなものでしょうか。
先ずは身体を温める効果が有る食べ物を選ぶ様にしましょう。
代表的な物としてはもち米、ライ麦なんかが良いですね。
また納豆、そら豆、カツオ、あなご、イワシ、鯵、うなぎ、玉ねぎ、ニラ、にんにく、生姜、ごぼう、レンコン、カボチャ等も身体を温める効果が有ると言われています。
積極的にこれらの身体を温める効果が有る食べ物を取り入れた食生活を送る様にすると冷え性改善に効果が現れやすくなると思います。

こうした冷え性改善効果が有る食べ物とは逆に、身体を冷やす効果が有る食べ物も有ります。
トマト、ナス、ほうれん草、おそば、こんにゃく、セロリ、牛乳、バナナ等が挙げられます。
生で食べると身体を冷やしてしまう為に冷え性改善には繋がりません。
冷え性改善をしたいのであればこれらの食品は食べない様にする方が良いのですが、栄養は含まれている物も多いですので、食べる時には調理をして温めてから食べる様にしましょう。

但しあまりにも気にし過ぎて栄養が偏ってしまったら元も子もありません。
バランスが良い食生活をする様に心がけ、上手に身体を温める食材を取り入れていく様にしましょう。