2泊3日と短期間で旅行する人が多いのが近くの外国である韓国ですよね。

韓国と言ったらコスメやグルメ、エステと楽しみ方はたくさん有ります。

楽しみの1つにお土産選びも有りますが、若い女性の場合はコスメをお土産にする人も多いですが、せっかく韓国に言ったら伝統工芸をお土産にすると言うのも良いと思いますよ。


韓国の伝統工芸での代表的な物と言ったら、韓紙工芸とか螺鈿細工とか韓国陶磁器とか色々有ります。

有名な職人さんが作った物は効果過ぎてお土産と言う感じではありませんが、お土産用として簡単な物であればお手軽に手に入る物もたくさん有ります。

こうした工芸品等は明洞(ミョンドン)から歩いても行ける仁寺洞(インサドン)と言う街に行ってみてはいかがでしょうか。

ここでは韓国ならではのアイテムを扱っているお土産屋さんがたくさん有りますので見ているだけでも楽しくなってくると思いますよ。

興味が無いと言う人でも見てみるとそのキレイさと可愛らしさについ欲しくなってしまうかもしれませんね。

韓紙の場合は紙特有の温かさと、韓国ならではの艶やかさを持っています。

レターセットや鉛筆入れ等、実用品としてもインテリアとしても活用できる物が多いです。

次に螺鈿細工(らでんざいく)ですが、白蝶貝や夜光貝と言った光沢を持っている貝を漆塗りをした作品にはめ込んでいき、模様を作り上げている物になります。

キレイな上にゴージャス感も味わえる一品です。

手鏡やジュエリーケース等がお土産としては手軽で良いですね。

この他にも色々伝統工芸品が有りますので是非お土産にしてみてはいかがでしょうか。